プリキュア

デパプリ23話の感想やネタバレは?芙羽はつこ初登場とゴーダッツ様の謎

デパプリ23話のネタバレは?ここね家族回は感動必至で母が美人で優しすぎる?

 

デパプリ23話も良かったですね~。

サブタイトルは『ここねのわがまま?思い出のボールドーナツ』。

ここねの両親である芙羽はつこ、しょうせいが初登場です。

(以前チラッと回想シーンには出ていましたが)

ここねと両親の家族愛に感動した~
ロリここねも可愛すぎたね。

あらすじとしては芙羽家の距離が縮まるストーリーだったのですが、ブンドル団のシーンで気になることも。

ナルシストルーやゴーダッツ様の関係性もわずかに見えるものがありましたね。

今回は、デパプリ23話の感想やネタバレは?芙羽はつこ初登場とゴーダッツ様の謎と題してお届けします^^

ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意くださいね!

 

デパプリ23話の感想は?芙羽はつねが初登場!

それではデパプリ23話の感想です!

ここねと両親の関係性がしっかりと描かれていて、感動的でしたね。

 

ここねが良い子すぎる

23話では、ここねの性格の良さが最大限出ていました。

とにかく気遣い・気遣い・気遣い。

そもそもここねが両親に言いたいことを言えなくなったのは、子供の頃のある出来事からでした。

でもここねは、誰のせいにもしていなかったですよね。

ただ「何を話したらいいのか分からない」とあくまで自分に問題があると考えています。

以前あまねと「マナーは思いやり」と話していましたが、まさに思いやりの塊ですね。

 

ここねの性格も素直になった

最初の頃に比べて、ここねはかなり素直になりましたよね。

これまでは、頭で考えていることを言葉にするのを苦手としていました。

でも23話では、両親と何を話せばいいか分からない、ということ自体をゆい達に相談したのは正直意外でした。

ゆい達を信頼しているということでもありますが、ここねが素直に気持ちを出せるようになってきたんですね。

思春期の子がこうやって成長していくのが良いね

素直になったのは友だちの前だけではありません。

母や父にも「嬉しい」「ありがとう」「一緒に食べたい」と自分の気持ちを話せるようになりました。

ここでわだかまりが無くなったように思います。

これまでお互いに遠慮してきた家族でしたが、ここねの素直さのおかげで距離が近づきましたね。

 

マリちゃんが頼れる大人すぎる

母・はつねもここねとの関わりに悩んでいましたね。

ボールドーナツの一件がはつねも気になっていたようで、マリちゃんとあきほに相談します。

(あきほ=ゆいの母)

はつねはここねの本心が分からず、気を遣わせているのでは?と心配していました。

でもそこでマリちゃんが話したことが素敵でした。

ここねの言葉にウソはない、と。

これ、すごくないですか?

マリちゃん自身がここねのことを信じてるっていうことだよね

大人のマリちゃんと中学2年生のここねとの間に、しっかり信頼関係がある証拠ですね。

ここね母の前で、堂々とそう言えるマリちゃんがすごく素敵です。

 

芙羽家の名前のヒミツ

ここねの家族の名前が明らかになりましたね。

  • 父:しょうせい
  • 母:はつね
  • 娘:ここね

ここから何か気づくことはありませんか?

家族全員がパンづくりの工程に関わる名前なんです!

どういうことかと言うと…

パン作りは基本的にこういった流れですよね▽

こねる⇒発酵⇒形成⇒発酵⇒焼成

ここに名前が隠されています。

こねる(ここね)⇒発酵(はつね)⇒形成

⇒発酵⇒焼成(しょうせい)

わかりましたか?

芙羽というのも「ふわふわ」というパンを表す形容詞ですよね。

何だか楽しい発見でした♪

 

デパプリ23話のあらすじネタバレ!ゴーダッツ様の謎は?

ここからはデパプリ23話のネタバレです!

ゴーダッツ様に関わる謎についても考察してみました。

 

あらすじネタバレ前半

なごみ亭でミートソースを調理中のゆい達。

煮込んでいる間、雑誌に載っていたここねの母・はつねのインタビュー記事を読んでいました。

そんなとき、突然なごみ亭にはつねが一人でやってきます。

急に休みが出来たので、ここねに会いに来たのです。

ここねは少し困ったような表情を見せました。

ゆい達が外で話を聞くと、緊張して両親とうまく話せないというのです。

一方で、なごみ亭ではあきほとマリちゃんがはつねの話を聞いていました。

はつねは、昔ここねがドーナツをねだった時、義姉に「わがままは良くない」と言われ買わなかったことが気になっていたと話します。

また、ここねが送ってくれたメッセージを「気を遣わせているのではないか」と心配していたのです。

マリちゃんは「ここねの言葉にウソはないわ」と断言してはつねを安心させます。

夜、芙羽家では久しぶりに父・母・ここねの家族が揃っての夕食。

父と母が必死に話しかけますが、話題は弾まずここねは席を立ってしまいます。

両親は「なぜ上手く話せないんだろう」と考えていました。

翌日、ここねは思い出のドーナツショップを訪れます。

そこにはつねも現れ、一緒に食べないかと誘うのです。

一緒にドーナツはとても美味しく、二人とも嬉しそう。

はつねを知るギャラリーもレシピッピも集まります。

そこでナルシストルーがレシピッピを奪ってしまいました。

 

ネタバレあらすじ後半

プリキュアに変身した4人。

ウバウゾーと対峙しますが、いつもよりも強い。

4人とも一気に飛ばされ、岩に打ち付けられてしまいます。

ですがスパイシーはめげずに立ち上がります。

私たちの大事な思い出を、絶対に取り戻す!

スパイシーサークルでダメージを与えます。

ですがウバウゾーは強く、反撃されてしまいます。

ピンチのプレシャスを間一髪助けたのはブラペ。

マリちゃんも「ナイスよ!」と叫んでしまうほど絶妙なタイミングで助けてくれました。

ブラペは前話で迷いを振り切ったので、心置きなくサポートに入れるという感じでしょう。

フィナーレのフィナーレブーケを経て、ハートジューシーミキサーのミックスハートアタックで浄化させます。

ごちそうさまでした♡

無事にレシピッピと思い出を取り戻しました。

後日芙羽家では、ここねがサンドイッチをふるまっています。

学校でピクニックをした際のサンドイッチと同じものですね。

父と母は美味しいと大絶賛し、また仕事に向かいます。

ここねは笑顔で見送るのでした。

 

ゴーダッツ様の謎

23話を観ていて気になったのは、ナルシストルーの発言。

「俺らの事はどうでもいいんじゃないか」

という、ヒネくれたことを言っていました。

その言葉に返事をするように登場したゴーダッツ様。

「お前たちの事は気にかけている」

といい、セクレトルーさんもナルシストルーも頬を紅潮させて喜んでいました。

ここからは筆者の想像です。

もしかすると、ゴーダッツ様は普段違う姿を見せてるのではないか?

ゴーダッツ様の目元は猫のようですよね。

もしかすると本性は猫で、普段はどこかの家で飼われているのでは?

でもそうすると、何のためにブンドル団を結成したんでしょうね…。

 

思い出のボールドーナツ

サブタイトルにあるボールドーナツ。

これはおそらくこちらの商品なのでしょう。

ちょいちょい販促してくるあたり、プリキュアらしさ全開ですね!

また、8月10日からミスドのプリキュアコラボ第二弾が始まりますので、その宣伝も兼ねているんでしょうね。

 

SNSでの反応

みなさんやはり最終的に家族の仲が深まった部分に感動されているようですね。

大人もこんなに楽しめるストーリー、本当に最高ですね。

 

デパプリ23話の感想やネタバレは?芙羽はつこ初登場とゴーダッツ様の謎!まとめ

デパプリ23話のあらすじネタバレをご紹介しました!

またしてもここね回ということで、家族について描かれましたね。

ここねが良い子なのと両親もコミュ障であることが伝わってくる回でした。

以上、デパプリ23話の感想やネタバレは?芙羽はつね初登場とゴーダッツ様の謎!をお届けしました。