MENU
ジャニーズ

ジャニーズ複数名義は同じ端末・ipアドレスだと当たりにくい?1名義で複数申し込みは当たる?

ジャニーズのコンサート申し込みのコツは?同じ端末やipアドレス・家族は無効?

 

この記事では、ジャニーズのコンサートチケットを当たりやすくするコツについてご紹介します。

推しのコンサートに行きたい!!!
そのためにはチケット当てなきゃ!!!

ジャニーズコンは毎回倍率が高く、複数名義にしてもチケットが当たりにくいんですよね…。

ただ、申し込みにはいくつかコツがあるのをご存じですか?

最近では「同じ端末やipアドレスでは複数名義と判断され、抽選ではじかれる」という噂もありますよね。

それよりも一名義で複数応募の方が当たるのでしょうか?

今回はジャニーズコン複数名義は同じ端末・ipアドレスでバレて当たりにくい?1名義で複数申し込みは当たる?と題して調査していきます!

 

ジャニーズのコンサートは同じ端末やipアドレス・家族は複数名義として無効に?

最近よく言われている、「同じ端末やIPアドレス、家族名義だと当たらない!」という点について調査しました。

どうやら重複当選を防ぐ仕組みが関係しているようです。

 

同じ住所や電話番号ははじかれる

登録している住所や電話番号が同じ場合、同一名義の可能性があるとして、コンピューターにはじかれるようです。

そのため家族内で別々に、正規に登録した名義だとしても、はじかれてしまう可能性があるんです。

電話番号についてはスマホの番号を登録している方がほとんどですので問題ないかと思います。

住所に関しては、祖父母の住所を借りるなどして別々のものに変更した方が安全かもしれません。

名前や生年月日が本人のものであれば、違反ではありませんよ。

ただ住所変更に関しては、一度変えた後1か月間は再変更できません。

そのため、バースデーカードや年賀状などが届く前後であれば、それを踏まえて検討してみてください。

 

同じ端末やIPアドレスははじかれる

他のチケット販売では、重複当選による転売を防ぐために、同じIPアドレスをはじくシステムを使っているようです。

ジャニーズのコンサートでそのシステムがあるのかは明らかではありません。

ただ、SNSなどを見てみると「多名義の人が全滅している」という声がよく聞かれます。

これは申し込みのIPアドレスが同じだったために、重複応募とみなされ落選したのではないかと考えられます。

同じ端末だとはじかれるというのも、同じ仕組みですね。

 

複数名義はルール違反で強制退会の可能性もある

上で少しご紹介しましたが、ジャニーズファン界隈では複数名義・多名義という言葉が存在します。

自分だけでなく、他人の名前を借りてファンクラブの名義を複数持つという意味です。

基本的に、一つのグループのファンクラブでは1人1つしか名義を持てません。

自称ジャニヲタさんのブログなんかでは「チケットを当てる裏技!」と複数名義を推奨しているものも見かけます。

ですが、これは規約違反です。

あくまで1個人1名義というルールがあります。

複数名義がファンクラブにバレてしまった場合はブラックリスト入りするとも言われています。

確かに複数応募すればその分チケットに当たる確率は上がりますね。

ですが、考えてみてください。

自分ではない他の人の名前で当たったとしましょう。

現在コンサートチケットはQRコードでの認証です。

スマホもしくは会場の端末の何かしらの不具合で、本人確認が必要になったら?

自動車免許の実技のように、運悪く自分がランダムな本人確認にあたってしまったら?

その場合に申し込み者と名前が違うと、入場できなくなります。

せっかく行ったのに入場さえできず、しかもブラックリスト入りです。

最悪の場合は強制退会となります。

後味が悪すぎますよね。

一部ファンの間では「多名義こそ正義」のように言われていますが、真面目に1名義で頑張っているファンもたくさんいます。

ルール違反はせず、正しく楽しみたいですね。

 

ジャニーズのコンサート申し込みのコツは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

かお る。(@k_kp_s_m)がシェアした投稿

まず基本的な部分ですが、チケットはコンピューターによる抽選で行われます。

それを踏まえて、チケットを当てるための申し込みのコツについてご紹介していきますね。

 

友人と協力する

まずはこれが一番手っ取り早くチケットを当てやすくする方法です。

友人と協力して、たくさん応募する。

一口応募より二口応募の方が当選率が高いのは当たり前ですね。

例えばですが、100席のコンサートに応募するとします。

ここでは席数を考慮せず「当たる/当たらない」という点だけ考えてみますよ。

あなただけで応募すると当たる確率は1/100ですね。

ところが友人の1人と協力すると、2/100=1/50になります。

友人3人とあなたで協力すると、4/100=1/25になります。

当然ですが、応募する数が多ければ多いほど、当たる確率も高くなるという訳です。

この応募口数を増やす裏技で、複数名義・多名義なんていう手法もあります。

ですがこちらは公式に禁止されておりマナー違反となっていますので要注意です。

詳しくは後ほど解説しますね。

 

座席数を減らす

これは先ほどの「友人と協力」という点とはやや相反する内容となります。

どういうことかと言うと、申し込む席数を出来るだけ少なくするということです。

4人分連番で申し込むよりも、2人分もしくは1人分で申し込む方が当選確率が上がると言われています。

なぜかと言うと、チケットの抽選はコンピューターで自動に行われます。

その際、同行者はまとめて配置されるんですね。

端からコンピューターが席を埋めていきますが、同行者の間に通路などが入らないよう埋めます。

こちらの画像で例をあげて説明します。

コンサート申し込みコツ

Aさんのグループが3人で当たっています。

その横は2つ分しか席がないため、4人グループのBさんは当たりません。

代わりに、2人で申し込んでいるCさんが当たることとなります。

お分かりいただけましたか?

このように、多人数グループの間の隙間を埋めるように1人もしくは2人席が当選しますので、席数が少ない方が当選確率が上がるという訳です。

ディズニーリゾートで言うところの、シングルライダーみたいなものですね。

先ほど「友人と協力する方法とは相反する」とは書きました。

ですが、たくさんの友人と2人枠で数多く申し込めれば最強ですね。

 

倍率の低い公演を狙う

公演日・会場どちらも含め、倍率の低いところを狙う方が当たりやすくなります。

ファンの多くは日中に仕事のある社会人もしくは学生ですね。

どのグループのファンかによってその割合は変わりますが、どちらにせよ日中は行けないという人が多いです。

そのため、平日の昼公演などを狙うと当たりやすいと言われています。

ジャニーズのコンサート自体が土日メインで行われることが多いので、平日昼公演があることは少ないんですがね(^^;)

ただ、平日夜公演は17~18時に始まることが多いため、こちらは社会人だと間に合わない人もいますよね。

そのため、平日が狙い目となります!

また、人気が集中する(=倍率の高い)公演日は以下の4つと言われています。

  1. 初日・最終日
  2. メンバーの誕生日
  3. 記念日(結成日やデビュー日)
  4. 記録達成日(今日で〇〇回公演!など)

こういった何かしらのイベントがある日は、MCも特別版だったりしますよね。

また、推しの誕生日だと「絶対会場でお祝いしたい!!」と思うファンも多い訳です。

後にBlu-rayやDVDなど映像化される際に、その日の映像が収録されることもあります。

そのため、自然と倍率が高くなるんですよね。

ですので、とにかくどの日でもいいからチケット当てたい!!!という方は、これらの日を避けることをお勧めします。

 

倍率の低い会場を狙う

倍率の高い公演日があるのと同じように、倍率の高い会場もあります。

それは、やはり大都市圏ですよね。

  1. 東京ドーム
  2. 横浜アリーナ
  3. 大阪城ホール
  4. 京セラドーム
  5. ナゴヤドーム

ここら辺はアクセスも良く、日帰りでも行きやすいことからかなり人気が高い(=倍率が高い)です。

ドームは収容人数も多いのですが、それ以上に応募も多いのでどうしても倍率が高くなってしまいます。

そういった点を踏まえると、地方都市は倍率が低くなりがちなんですよね。

  1. 札幌(札幌ドーム、真駒内アイスアリーナ、きたえーる)
  2. 仙台(セキスイハイムスーパーアリーナ)
  3. 新潟(朱鷺メッセ)
  4. 熊本(グランメッセ熊本)

以上にあげた6会場は、これまでの状況から踏まえると倍率が低く、比較的当たりやすいと言えます。

まず札幌ですが、道外に住んでいる人からすると飛行機で行かなければなりません。

しかもどの会場だとしても、新千歳空港からのアクセスが良いとは決して言えず、面倒なんですよね。

日帰りというわけにもいきませんので、交通費、宿泊費と遠征費がかなりかかります。

予定を立ててしっかり休みを取れるファンなら良いのですが、そうではない人も多いですよね。

そのため倍率が低く、初日やオーラス出ない限りは当たりやすいと言われています。

仙台も同様に、会場へのアクセスがあまり良くないんですよね。

公共交通機関で行くか、もしくは臨時シャトルバスを利用するか。

このシャトルバスも予約が必要だったり、帰りが激混みで1時間待ったりと、なかなか手強いんです。

しかも、仙台から東京方面への新幹線の最終時刻は22時前なので、スムーズに行かなければ終電を逃す危険性もあります。

そういうわけで、こちらもやはり時間に余裕のある方しか行けないのかなという感じです。

同じように、新潟や熊本も倍率が低いと言われています。

というわけで、札幌・仙台・新潟・熊本は狙い目なのです!!

 

第一希望だけが当たりやすい?

これについては実は、根拠はありません。

何度も申し込みを繰り返す中でファンの間で言われていて、実際に私も実感している部分です。

ジャニーズのコンサートを申し込む際、同じ公演じゃなければ第三希望まで出すことができます。

ですが、ここを埋めたいのをぐっとこらえて第一希望だけで出すと当たりやすいということです。

ただ、これに関しては”そんな気がする”程度なので、参考程度として捉えてください。

 

ジャニーズのコンサート申し込みのコツは?同じ端末やipアドレス・家族は無効?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

mie(@mie560510)がシェアした投稿

ジャニーズのコンサートの倍率はかなり高いですよね。

申し込みのコツを今回お伝えしましたので、次回からぜひ試してみてください♪

同じ端末やipアドレス、家族だと無効となる可能性も高いですので、対策をとることをお勧めします。

以上、ジャニーズのコンサート申し込みのコツは?同じ端末やipアドレス・家族は無効?としてお届けしました!