話題のニュース

谷本盛雄(大阪ビル火災 犯人)の自宅は西淀川区姫島?搬送先の病院どこ?

大阪ビル火災 犯人の自宅が判明?搬送先の病院どこ?

12月17日の午前10時過ぎに発生した大阪のキタ新地ビルの火災。

残念ながら25名もの犠牲者が出てしまいました。

悲惨な事件を起こした犯人である谷本盛雄容疑者の自宅が判明しました!

12月30日に谷本茂雄容疑者の死亡も確認されましたが、これまで治療を受けていた病院がどこだったのかも調査しましたのでお伝えします。

 

大阪ビル火災 犯人 谷本茂雄の自宅は西淀川区姫島?

谷本茂雄容疑者は、事件の数年前からクリニックに通院していた患者だったとのことです。

可燃性の液体が入った紙袋を持ち込み、ストーブの前で発火させたようですね。

なんとこの犯行を起こす30分ほど前に、大阪府西淀川区の3階建て文化住宅でも火災が起こりました。

住所は大阪府西淀川区姫島1丁目2-34です。

これが谷本茂雄容疑者の自宅とのことで、放火事件を起こしたクリニックとは自転車で20分弱の距離です。

事件当日の防犯カメラに、自転車で自宅からクリニックへ向かう谷本茂雄容疑者の姿が確認されています。

自宅にも通院していたクリニックにも放火する、何とも異常な行動です。

巻き込まれた方々が本当に可哀想でなりません。

 

大阪ビル火災 犯人 谷本茂雄の搬送先の病院どこ?

火災後まず搬送されたのは大阪・北区にある大阪府済生会中津病院でした。

病院関係者によると、当時6人が搬送されたうち3人の死亡が確認されたとのことです。

残りの3人は高度な治療を受けられる病院へ転院しました。

谷本茂雄容疑者は即死ではなく、転院した3人のうちに含まれていたと思われます。

亡くなられた方の多くの原因は一酸化炭素中毒と明かされていますので、おそらく程度は不明ですが谷本茂雄容疑者にも熱傷と一酸化炭素中毒症状があったでしょう。

熱傷治療ができる病院は限られており、基本的には3次救急もしくは熱傷センターがある病院へ搬送されます。

また、一酸化炭素中毒の場合は高圧酸素療法という特別な治療が有効とされていますので、その設備が整った病院であると考えられます。

そのため谷本茂雄容疑者がが入院・治療していた病院は

  • 近畿医大病院
  • 大阪医療センター

のいずれかである可能性が高いと思われます。

病院にはプライバシー保護の義務がありますので今後も明らかになることはないでしょう。

こんなにも凶悪事件を犯した容疑者を治療・看護し続けたスタッフの皆様の努力や心労は計り知れませんね。

 

大阪ビル火災 犯人の自宅が判明?搬送先の病院どこ?まとめ

25人もの犠牲者を出してしまった最悪の放火事件。

その犯人と特定された谷本茂雄容疑者の自宅が大阪市西淀川区であることが判明しました。

高度な熱傷治療を受けられる病院へ入院していたと思われますが、12月30日に死亡が発表されました。

永久に真相が解明できなくなったことが、本当に残念でなりません。