MENU
エンタメ

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!

 

ケンミンショーで紹介された群馬県の地元グルメ「ベスビオ」。

トマト系の真っ赤なソースに、魚介が入ったパスタでしたね。

シーフードのトマトソースって・・・ペスカトーレじゃん!
それがちょっとした違いがあるのよ~

ベスビオという名前の由来は、ベスビオ山という火山から来ているようですよ。

そこら辺についても詳しくご紹介します!

今回は、ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!と題してお届けします♪

 

ベスビオとペスカトーレの違いは?

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!

ベスビオもペスカトーレも、赤いしシーフードだし見た目的には同じじゃん!と思いますよね。

ところが詳しく見ると、明確な違いがありましたよ。

 

ベスビオとは

そもそもベスビオというパスタは、群馬県民に愛されている地元フードです。

 

高崎市などにある「シャンゴ」というお店がベスビオの発祥と言われていますよ。

 

ベスビオとペスカトーレの違い

決定的な違いは、その辛さです。

それぞれを作る際の材料はほとんど同じです。

どちらのパスタも、基本的な材料は大体こんな感じ。

  • ニンニク
  • 鷹の爪(トウガラシ)
  • パスタ
  • シーフード
  • トマト缶
  • 塩、コショウ

この中でただ一つ、決定的に違うものがあります。

それはトウガラシの量!

ベスビオを作る際には、大量のトウガラシを入れます。

つまり、ペスカトーレをめちゃくちゃ辛くしたもの=ベスビオという感じのようです。

 

ベスビオの名前の由来が面白い!

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!

ベスビオという名前は聞き慣れないですよね。

その由来を調べてみると、なるほど納得でした。

 

名前の由来は火山名

ベスビオというのは、イタリアにあるベスビオ山から来ているようです。

このベスビオ山というのは、実は火山なんです。

火山というと、マグマとか熱いとかをイメージしますよね。

辛い=熱い。

そしてペスカトーレはそもそもイタリア料理ですよね。

ペスカトーレをめちゃくちゃ辛くしたから、イタリアの火山「ベスビオ」。

安直ですが、こういうシンプルなネーミング好きです。笑

 

ヴェスヴィオというパスタもある

ベスビオ、ペスカトーレは料理名ですが、ヴェスヴィオという名前のパスタ自体も存在します。

こちらも名前の由来はベスビオ山から来ています。

マカロニを縦半分にして、クルクルっと立体にしたような形。

ベスビオ山を模した形だそうです。

火山の形のパスタを作っちゃうなんて、イタリアの人はユニークですね。


スーパーなどではなかなか見かけませんが、つるっとして舌触りが良いそうですよ。

食べてみたいですね。

 

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!まとめ

ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!

群馬県の愛されフードである「ベスビオ」。

ペスカトーレとの明確な違いは、その辛さにありました。

そして名前の由来は、本場イタリアのベスビオ火山。

ユーモアあふれるベスビオ、本場で食べてみたいなあ^^

以上、ベスビオとペスカトーレの違いは?名前の由来が面白い!でした。