ライフスタイル

焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?代わりを手作りする方法もご紹介!

焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?代わりを手作りする方法もご紹介!

 

焼きおにぎり作りたいのにハケがない!
醤油が塗れないじゃない~

焼きおにぎりと言えば、子どもから大人まで大好きな人気メニューですよね。

ただ、いざ作ろうとしても「ハケがない!」なんて焦ったことはありませんか?

そんなときに便利な代用品をご紹介します!

また、家にあるものでサクッと手作りできちゃう方法もあるんです♪

今回は、焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?代わりを手作りする方法もご紹介!と題してお届けします。

 

焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

語ろうばい(@kataroubai)がシェアした投稿

今回は、焼きおにぎりに醤油ダレを塗る場合を想定して代用品をご紹介します。

どれも家にあるようなもので出来ますので、ぜひ試してみてください^^

 

指やスプーンで代用

一つ目にご紹介するのは、指やスプーンで醤油を塗るという手法です。

指の腹や、スプーンの背に醤油を少し付けます。

そしてそのまま焼きおにぎりの表面に塗ってあげるだけです。

ただ焼きおにぎりの場合は、おそらく焼いている途中で醤油ダレを塗りますよね。

そうするとかなり熱くやけどの危険もありますので、できればスプーンの方がおすすめです。

スプーンを使用する際は、醬油ダレをすくって おにぎりにかけてしまいがちですが、これはやめた方がいいです。

なぜなら、かけた部分にすぐに染み込んでしまい全体に塗り広げられないから。

一か所だけに醤油ダレが染み込むとベチャベチャになり、崩れる原因にもなりますね。

ですので、スプーンの背につけて塗る、という方法がおすすめです。

また形状はスープ用の深いものではなく、より浅めの平たいものが良いですよ♪

その方が、一か所に塗りすぎることなく満遍なく広げられます。

  • 指で塗る場合には、やけどに注意する
  • スプーンで塗る場合には、背を使う
  • スープ用の深い形状ではなく、浅めのものを使う

一番簡単ですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

ラップで代用

ラップでも醤油ダレを塗ることができます。

5cmくらいを切り取り、ぐしゃぐしゃに丸めます。

それを直接醤油ダレに付けて、焼きおにぎりに塗ってあげます。

ラップでいいならアルミホイルもいいんじゃない?

と思うかもしれませんが、アルミホイルは不向きです。

なぜなら、硬いので「しなり」がなく上手く濡れないんですよね。

 

キッチンペーパーで代用

キッチンペーパーを折りたたんで塗る方法もあります。

折りたたんだ端に醤油ダレを染み込ませ、そのまま焼きおにぎりに塗ります。

この画像のような感じですね。

ただ、醤油ダレはキッチンペーパーにすぐ染み込んでしまいます。

そのため、塗りたい量より多くの醬油ダレを用意する必要があるのがデメリットです。

ティッシュペーパーは水分を含むとボロボロになってしまうので、使用しないで下さいね^^

あくまで、キッチンペーパーですよ。

 

スプレーで代用

もしご自宅にスプレーや霧吹きがあれば、それでも代用できます。

スプレーだと少量を満遍なく行きわたらせることができますね。

そのため、塩分控えめな焼きおにぎりにしたい場合などにもおすすめです。

しっかり濃いめにしたい時には、何度もスプレーすればOKですよ。

ただ、食品用に使える清潔なスプレーがある、というご家庭はあまり多くないかもしれませんね。

 

焼きおにぎりでハケの代わりを手作りする方法は?

焼きおにぎりを作る際の代用品をいくつかご紹介しました。

ですが、どうしてもハケで塗りたいんだ!という方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、ハケを簡単に手作りする方法を写真付きでご紹介します♪

 

ハケを手作りするのに必要なもの

用意するものはこちらの4点です。

  • 割りばし
  • オーブンペーパー(10cmくらい)
  • はさみ
  • テープ

これならきっと、どこのご家庭にもあるんじゃないでしょうか^^

ちなみにこの作り方は、家事えもんこと松橋周太呂さんが以前テレビで紹介したものとなります。

 

オーブンペーパーを折りたたむ

オーブンペーパーを横長に置き、細長くなるようにタテに半分に折ります。

次に、ヨコ半分に折ります。

もう一度、ヨコ半分に折ります。

こんな形になりました。

 

切り目を入れて割りばしに巻き付ける

続いて、最初にタテ半分にした”わ”ではない方(折り山じゃない方)に切り込みを入れます。

半分~2/3くらいの深さまで切りましょう。

切り込みを入れていない方に割りばしを置き、くるくると巻き付けます。

最後に巻き終わりをテープで止めると完成です。

これで、醤油ダレを付けて焼きおにぎりに塗ることができます。

オーブンペーパーではなく、キッチンペーパーでも同じように作ることができます。

ただし先ほどもあったように、醤油ダレがかなり染み込んでしまいますので、できればオーブンペーパーの方がおすすめですよ。

 

焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?代わりを手作りする方法もご紹介!まとめ

焼きおにぎりはバーベキューなどでも人気のメニューですので、これからの季節に登場頻度も多くなるかと思います。

ハケを常備しているご家庭も多くないと思いますので、今回ご紹介した代用品をうまく活用してみてくださいね♪

また、代わりの品を手作りする方法もご紹介しましたので、ぜひお試しください。

以上、焼きおにぎりでハケがないときの代用品は?代わりを手作りする方法もご紹介!をお届けしました。